CROSS B PLUS

ニュースの記事一覧

アイキャッチ、メタ情報、抜粋

2022-09-26

仙台市内の畑の風景や、東北6県の絶景をCROSS B PLUSの大型ビジョンで楽しみながら、とれたての仙台産農産物を使用した特別メニューを味わえるイベントを開催します!新米の時期ならではの、おいしい食事と彩り豊かな風景を堪能いただけます♪


とれたて野菜と新米を楽しむ!ランチ・ディナーの提供

2022年10月20日(木)~10月23日(日)
ランチ  11:30~15:30(L.O.15:00)
ディナー 15:30~22:00(L.O.21:30)日曜のみ20:00まで(L.O.19:30)

CROSS B PLUS
仙台市青葉区大町1-1-30 新仙台ビルディング1F
TEL. 022-399-7091

*メニュー詳細等、随時更新します。お楽しみに!


仙台市内の畑や東北6県の絶景を大型ビジョンで放映

ランチ・ディナーの食材の生産地や、東北6県の観光名所の美しい風景を店内のビジョンで放映します。まるで青空の下で食事しているかのような気分を味わえます。


仙台産旬の農産物詰め合わせセット抽選販売

事前申込制:申し込みはこちらから(10月12日(水)締切)

*商品の内容は変更の可能性があります

【注意事項】
・本商品は事前申込制です。申込期間中に必要事項を記載の上お申込みください。
・数量限定販売のため、申込みが予定数に達した場合、抽選販売となります。申込いただいた方全員に、抽選結果を10月14日(金)までにメールにてお知らせいたします。
・当選した方は、10月22日(土)11:30-17:00にCROSS B PLUSにお越しいただき、代金の支払い、商品の受け取りをお願いします。

【お問合せ先】
とれたて仙台運営事務局(第一広告社内:担当 赤坂)
MAIL:akasakam@ichico.co.jp
TEL:022-214-3781


生産者直売会

10月21日(金)11:30-15:30(無くなり次第終了)
仙台市内で採れた農産物や農産加工品を生産者が直接販売します。
|生産者|
・株式会社荒浜アグリパートナーズ 渡邉 智之さん
・千葉農園 千葉 英明さん
・農事組合法人仙台イーストカントリー 佐々木 こづ恵さん


生産者とつながるライブイベント

10月22日(土)12:00-12:30
会場内の大型LEDビジョンで仙台市若林区六郷地区のレタス農園から生中継!特別メニューに使用しているレタスの生産者から美味しさの秘密やレタスづくりのこだわりなどを伺います。
|オンライン出演|
しばさき農園 柴崎勝央さん・和香子さんご夫妻


とれたて仙台とは?

・公式ウェブサイト「とれたて仙台」
https://toretate-sendai.com/

・公式インスタグラム「とれたて仙台」(@toretate_sendai)https://www.instagram.com/toretate_sendai/

主催:仙台市経済局農政企画課

2022-07-29

いつも当店をご利用頂き、ありがとうございます。
8/1(月)より、いよいよ当店はリニュアルオープン致します!
同時に、仙台の夏を盛り上げる”SUMMER FAIR”を開催!


【リニューアル記念・サマーフェア】
(1) クラフトビール(一部銘柄)半額提供
(2) オリジナルノベルティプレゼント(無くなり次第終了)
(3) リニューアルを機に、グランドメニューを一新
(4) オリジナルコラボ商品「おが太郎オリジナルスモークド“パパ好み”」提供開始
期間:8/1(月)~30(火)


さらに!8/5(金)~8(月)は特別営業となります!
【とれたて仙台フェア×東北ライブレストラン】
とれたての仙台産農産物を使用した特別メニューと、雄大な仙台市内の自然、東北6県の絶景を堪能できます。
詳しくはこちら

直営工場で醸造するクラフトビールと、東北・新潟の食材をふんだんに用いた創作料理。
そして国内最大級の大型LEDビジョンの映像をお楽しみください!
スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。

【営業時間】
月~金:17:00~22:00(L.O.21:00)
土  :11:30~22:00(L.O.21:00)
日・祝:11:30~20:00(L.O.19:00)
水曜定休(その他、貸切の場合休業)
※8/4(木)は臨時休業、5(金)~8(月)は11:30OPENとなります。

2022-07-11

畑の風景や東北6県の絶景のなかで、地域の食材を味わえる「とれたて仙台フェア×東北ライブレストラン」開催!8/5(金)~8/8(月) @CROSS B PLUS

仙台市内の畑の風景や、東北6県の絶景を大型ビジョンで楽しみながら、仙台産を中心に東北6県の農産物を使用した特別メニューを味わえるイベントを開催します!


とれたて仙台特別ランチ・ディナーの販売

枝豆、ツルムラサキ、きゅうりなど、仙台の夏の食の魅力がつまった特別ランチ・ディナーを提供します。

ランチメニュー

仙台産野菜のサラダと朝採り枝豆のキッシュランチ 1,200円

・サラダ/豚肩ロースの低温調理~ソース・トンナート~、 グリーンカール、サニーレタス、トマト、キュウリ、ナス
・枝豆とトウモロコシのキッシュ
・ガスパチョ
・仙台野菜のドレッシング

●ディナーメニュー

旬の魚介のカルパッチョ~仙台野菜のドレッシングかけ~ 950円

※魚介は仕入れ状況により変更となります。

仙台産今朝採り枝豆の塩ゆで 400円

自家製オイルサーディンと仙台野菜のココット 650円

夏の仙台野菜の冷製カッペリーニ 1200円


仙台市内の畑や東北6県の絶景を大型ビジョンで放映

ランチ・ディナーの食材の生産地や、東北6県の観光名所の美しい風景を店内のビジョンで放映します。まるで青空の下で食事しているかのような気分を味わえます。


仙台産の旬の夏野菜詰め合わせセット(¥1200)販売決定!※事前予約制・数量限定

仙台市内の女性生産者5人グループ「なのはな工房」厳選!
今が旬のとれたての仙台産農産物が9品以上入ったお得な詰合せセットを販売します。
商品内容:枝豆・空心菜・きゅうり・ナス・じゃがいも・玉ねぎ・ピーマン・人参・ミニトマト 等
※商品内容は変更の可能性があります。

販売日時:

8/5(金)12:30~19:30

販売会場:

CROSS B PLUS

【注意事項】
・事前予約にお申込みいただき、当選された方は、8/5(金)12:30~19:30にCROSS B PLUSにお越しいただき、代金の支払い、商品の受け取りをお願いします。

【お問合せ先】
とれたて仙台運営事務局(第一広告社内:担当 赤坂)
MAIL:akasakam@ichico.co.jp
TEL:022-214-3781

※予約は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

※当日販売は完売しました。お買い上げありがとうございました。


8/6(土)限定! 仙台産今朝採り枝豆販売会開催

とれたて仙台特別メニューでも提供している今朝採り枝豆を、CROSS B PLUSの店頭で販売します!8/6(土)11:00~なくなり次第終了となりますので、お早めにご来場ください。


8/5(金)~8/8(月)は、CROSS B PLUSへぜひお越しください!
営業時間:8/5(金)・6(土)・8(月) 11:30~22:00(L.O.21:30)、8/7(日) 11:30~20:00(L.O.19:30)

とれたて仙台とは?

・公式ウェブサイト「とれたて仙台」
https://toretate-sendai.com/

・公式インスタグラム「とれたて仙台」(@toretate_sendai)https://www.instagram.com/toretate_sendai/

主催:仙台市経済局農政企画課

2022-06-27

いつもCROSS B PLUSをご利用頂き、誠にありがとうございます。

当店は、内装・設備をリニューアルし

8/1(月)RENEWAL OPEN

いたします!

7/1~7/31はリニューアル作業のため休業させて頂きます

追加の情報はSNS・web・店頭等で発信して参ります。

ご不便・ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

CROSS B PLUS スタッフ一同

2022-05-26

CROSS B PLUSは、皆さまのご愛顧のおかげで、
5/26で開店から1周年を迎えました!
スタッフ一同、心より感謝申し上げます。

日頃の感謝を込めて、1周年記念キャンペーンを開催します!
5/27(金)~6/18(土)にかけて、
BATSUJI BREWINGのクラフトビールがSサイズ500円!!!

ワンコインで手軽にお飲み頂けます✨

✓M・Lサイズも100円引き
✓ゲストビールは除きます

仕事帰りにも!昼飲みにも!
ご友人やご家族とお誘いあわせのうえご来店ください!
東北・新潟のフードも色々ご用意しております。

2年目もたくさんのご来店お待ちしております!
引続きご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

※ご注意※
月曜日は定休となります。また、イベント貸切で休業の日もあります。
店頭・WEB・Instagramで営業日時をご確認ください。

2022-05-10

青葉通の一部広場化を含んだ「青葉通まちづくりビジョン」の提言など、青葉通駅前エリアのまちづくりの機運が高まっています。そのような中、仙台のまちづくりで活躍している方をゲストに迎え、トークとワークショップのイベントを開催します。ゲストの取り組みやアイディアには、皆さんの仙台での暮らしや仕事を輝かせるヒントがたくさん散りばめられているはず。一緒に楽しく仙台のまちの未来を考えてみませんか。


第1部(11:00〜12:00)

「地域とともに創る 新しいまちの百貨店」

今年で創業203年目を迎える百貨店 藤崎は、地域のお客様に支えられ、豊かな暮らしの提案を続けてきました。地元生産者の方とのモノづくりや地域の魅力発信について、藤崎「未来創造ラボ」の石澤さんにたっぷり伺います。
後半のワークショップでは、これからのまちをより豊かにする理想の百貨店とは? モノ・コトの視点から考えます。

株式会社藤崎 経営企画部 未来創造ラボ 石澤 洋子

株式会社藤崎入社後、食品売場で販売・バイヤーを経験。一般社団法人日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザーや、チーズプロフェッショナルの資格を取得し、お客様の豊かな食生活の提案や、地域の事業者様と新しい仙台のGIFT等商品開発にも取り組む。現在は、30代の若手社員3名からなる「未来創造ラボ」の一人として、長期視点での新しい地方百貨店のビジネスモデルの検討を行っている。


第2部(13:00〜14:00)

「持続可能なまちづくりを考えよう! 〜わたしたちの手で作る未来のまち〜」

自然や緑を身近に感じられる仙台のまち。100年後も「杜の都仙台」と呼ばれる本当に美しいまちを残すためには私たちにどんなことができるでしょうか? 持続可能なまちづくりをみんなで考えましょう。

PLANNING LABORATORY 渡辺 沙百理

宮城県大崎市生まれ。東北芸術工科大学卒業後、13年間仙台市内のインテリアショップでの会社員時代を経て、2017 年フリーランスでイベント企画業を開業。 ストーリーやコンセプトを大切にヒト・コト・モノをつなぐ場づくりを行う。近年は食品ロス削減や循環をテーマにした量り売りマルシェやtsugiプロジェクト、 いしのまき循環生活アパートメントなどの企画を手がける。


第3部(14:30〜15:30)

「仙台の魅力のリアルを掘り下げる」

仙台歴が長い方も、仙台ビギナーの方も、それぞれの「好き」や「気になる」があるはず。後半のワークショップでは、会場にいる方同士で仙台についてトーク。会話の中から見えてくる、仙台のリアルを掘り下げます。

ファシリテーター・ブランドデザイナー 奥口 文結

石川県生まれ、宮城県仙台市育ち。公立大学法人宮城大学事業構想学部事業計画学科卒業。マーケティング、ブランディングを専攻。2013年 株式会社エフエム仙台入社、ラジオパーソナリティとして番組制作に携わる他、 番組のウェブ・広報、イベント企画・運営に携わる。2019年フリーランスに。宮城を拠点に、ファシリテーターやMCのほか、もの・ことのブランディングデザインを手がける「FOLK GLOCALWORKS」主宰。


第4部(16:00〜18:00)

「空間とデザイン目線で見る青葉通」

建築家の貝沼さんとプロダクトデザイナーの小松さんが、これまで手がけた空間やデザインについてトーク。後半のワークショップでは、10年後の青葉通をどうしていきたいか、さまざまなアプローチでイメージを膨らませます。

プロダクトデザイナー  小松 大知

デザイン事務所TORCHを主宰。プロダクトデザイナー。宮城大学特任助教。東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科を卒業後、富士フィルムビジネスイノベーション、NOSIGNERにてプロダクトデザインを担当。その後、長野県にて家具製作を学び、ReBuilding Center Japanを経て、2021年に仙台市にて独立。プロダクトデザインを中心に活動を行なっている。

建築家 貝沼 泉実

建築デザインの事務所 KAI ARCHITECTSを主宰。一級建築士、宮城大学特任助教、東北工業大学非常勤講師。宮城大学事業構想学部デザイン情報学科卒業、東北大学大学院工学研究科修了。2013年-2020年青木淳建築計画事務所にて、LOUIS VUITTON MAISON大阪御堂筋や現代美術ギャラリーShugoArts、札幌芸術祭2014等担当の後、独立。


お問合せは、jimukyoku@bashonotsuji.comまで

2022-03-31

平素より当店をご利用頂き、誠にありがとうございます。
4月1日(金)より、以下のとおり営業時間を拡大致します。

火~土:11:30~21:00(L.O.20:30)
日・祝:11:30~19:00(L.O.18:30)
月曜定休(その他、貸切の場合休業)

今後も営業時間変更等の際には、 店頭・SNS・Webでお知らせします。
みなさまのご来店、心よりお待ちしております。

2022-03-18

宮城県は2022年2月16日、誕生150周年を迎えました。

宮城県制150周年を記念し、3/23(水)~4/2(土)の期間中、仙台・宮城観光PRキャラクター むすび丸とコラボした宮城の食材を存分に楽しめる特別メニューを限定販売いたします!
※3/27(日)は貸切営業のため休業となります。

◆むすび丸 宮城まるごとプレート(ランチのみ) 税込980円
宮城県産ひとめぼれを使用した「むすび丸おむすび」をはじめ、大河原産もち豚のメンチカツ・名取産のセリのおひたし等、宮城県を“まるごと”味わえる一品です。

◆むすび丸 いちごパフェ 税込1,200円
むすび丸のバニラアイスが愛らしい、宮城県産の旬のいちごを贅沢に使用したデザート。

※どちらも1日15食限定 10日間で150食限定での販売となります

さらに、上記メニューをご注文いただいたお客様には 宮城県制150周年記念デザインのむすび丸キーホルダーをプレゼント!
期間中は物販コーナーも設置し、むすび丸グッズの販売も行います。
今しか味わえない、むすび丸×宮城県食材のコラボをお楽しみください!

2022-03-11
名称キミとのまち時間「MACHITO SENDAI」
日時2022年3月27日(日)11:00~18:00 時間内いつでも入場可能
場所CROSS B PLUSでリアル開催
料金入場無料
主催仙台市

青葉通で「こんな人に出会いたい」「こんな体験をしてみたい」「こんな時間を過ごしたい」
一つひとつのヒト・コト・トキが集まれば、それは「マチ」になります。
みんなの想いやアイディアが交差するトークイベントを開催します。

■予約をご希望の方は席を確保致します。※当日参加も大歓迎です。
件名に「トークイベント参加希望」、本文に「氏名」「年齢」「電話番号(連絡のつきやすいスマホ番号を推奨)」「メールアドレス」「お話を聞きたいゲストスピーカー」を記載の上、以下事務局あてにメールをお送り下さい。
メールアドレス:jimukyoku@bashonotsuji.com

<ゲストスピーカー>

【11:00~12:00】
「花でまちと文化を作る」
仙台を花でいっぱいにしたいという山田さんの活動についてたっぷりトーク。後半は山田さんによるフラワーワークショップも(参加無料・無くなり次第終了)。花いっぱいの会場で、山田さんの世界観を体感しましょう。

花降る街、仙台 代表 山田 剛 さん
1974年寒河江市生まれ。カナダ・トロントで、フラワーアレンジメントを習得してフリーリストに。帰国後、花屋、ブライダル会社を経て、2013年3月Magentaをオープン。フローリストとして、企業向けに花を用いた演出提案を行うと共に、TVなどで花の楽しみ方提案を紹介する番組にも出演中。2016年仙台で行われたG7のレセプション会場装花を担当。モノと花、人と花の作品に見られるように既存の概念にとらわれない発想で作品を見る人を魅了している。
【13:00~14:00】
「私がまちづくりにハマった理由」
東京でキャリアを積んだ岩間さんが、一変してローカル・仙台に身を置き、まちづくりに夢中になった理由とは?仙台のまちづくりのリアルと面白さをたっぷり掘り下げます。

NPO法人まちづくりスポット仙台所属/あいだ研究所 代表 岩間 友希 さん
東京都町田市生まれ。ディレクター。ローカルの暮らし方に惹かれたことから、30代を節目に宮城県にIターン。仙台市地下鉄東西線WEプロジェクト・実験広場EKITUZI・週末一軒家プロジェクトなど、さまざまな協働プロジェクトの企画運営に関わる。現在は主に郊外住宅地のまちづくりを推進するNPO法人に身を置きながら、個人事業主や市民活動のプレイヤーとしても、仙台市中心部のまちづくりに関わる。仙台市総合計画審議会委員。
【14:00~15:00】
「我らがまちの観光案内所」
仙台でもシェアオフィスやコワーキングスペースが増える中、可野さんが働く「enspace」は、起業家や学生が情報を求めて集まる「観光案内所」!?魅力あふれる情報発信や、人づくりについて楽しくトークします。

エンスペース株式会社 可野 沙織 さん
宮城県登米市生まれ。IT企業にて、様々なクライアントのカスタマーサポートセンターを立ち上げ、人材採用から運用構築・サービス改善を責任者として従事。人材育成や組織マネジメントの経験を活かし、宮城県内を中心に若者向けのコミュニティ活動も行っている。
株式会社エンライズコーポレーション(現エンスペース株式会社)では、新規事業であるenspaceのコミュニティマネージャーとして参画。
【15:00~16:00】
「若者がスパイスに!自分たちでまちを作ろう」
全国各地を周り、様々な場所や人を繋ぐ活動をしている手島さん。仙台内外から人で盛り上げるまちづくりの方法を探ります。

株式会社 JTB 仙台支店/ONE TOHOKU HUB代表 手島 慧 さん
仙台市出身。関西の大学へ進学。震災を機に「東北をもっと面白い地域にしたい」と想いが芽生え、JTBに入社。2017から2019年まで、東北大学課題解決型講義(全学部一般教養科目)の講師を務める。現在は仙台・東北エリアにおける地域活性化に携わっている。2020から仙台市の事業である「仙台まちづくり若者ラボ」にて、仙台市のまちづくりに若者を参画させるプロジェクトを推進。また若手社会人のコミュニティONE TOHOKU HUBの法人化を進めている。
【16:00~17:00】
「ワカモノ・ヨソモノ・バカモノ目線でアクションを起こす」
若手社会人6人がそれぞれの職業を活かしながら、作並・新川・大倉地域の関係人口増加に向けた企画と実施計画を提案します。

まちづくり若者ラボ 未来創造Task-Force
仙台市の事業「仙台まちづくり若者ラボ」の1期に参画した6名のメンバー(井上和正さん/村岡葉子さん/中川真淑さん/手島慧さん/篠﨑有花さん/伊藤愛発さん)が、事業後も仙台のまちづくりに関してアクションを起こそうと未来創造Task-Forceを結成。
【17:00~18:00】
「まちをブランディングするには」
仙台のイメージって何?仙台をブランド化するには?ローカルなもの・ことのブランディングを手がける奥口さんと仙台の魅力やイメージづくりについてトークします。

FOLK GLOCALWORKS 主宰 奥口 文結 さん
石川県生まれ、宮城県仙台市育ち。公立大学法人宮城大学事業構想学部事業計画学科卒業。マーケティング、ブランディングを専攻。2013年 株式会社エフエム仙台入社、ラジオパーソナリティとして番組制作に携わる他、 番組のウェブ・広報、イベント企画・運営に携わる。2019年フリーランスに。宮城を拠点に、ファシリテーターやMCのほか、もの・ことのブランディングデザインを手がける「FOLK GLOCALWORKS」主宰。

<ファシリテーター>

TOHOKU360 代表 安藤 歩美 さん 1987年千葉県生まれ。東京大学公共政策大学院修了後、新聞記者として宮城県に赴任し、被災地の復興を取材。独立後2016年に東北の住民みんなでつくるニュースサイト「TOHOKU360」を立ち上げ、代表・編集長。NHK仙台「てれまさむね」に出演中。
2022-02-15
名称〜もう一つの時間 もう一人の自分〜 体感!「デュアルライフ東北・新潟」
日時2022年3月5日(土)13:30~15:30
場所オンライン開催(Zoom)※申し込みされた方にURLを発行致します
料金無料
主催一般社団法人東北経済連合会
後援青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県

お申し込みはこちらから
URL  https://forms.gle/gDFrDvZMpNaTFUDm7

デュアルライフ(二拠点生活)という、新しい働き方・暮らし方が浸透してきました。東北・新潟をデュアルライフの拠点に選んでいただこうと、東北・新潟の二拠点生活情報発信ポータルサイト「デュアルライフ東北・新潟」を3月1日に公開します。このプロモーションイベントとして、体感!「デュアルライフ東北・新潟」を開催。デュアルライフや兼業・副業のわかりやすいセミナーと、実際に東北でデュアルライフを実践している方のトークセッションをお届けします。もう一つの時間、もう一人の自分を考えている皆さん、もう一歩踏み出す機会にしてください。

<タイムスケジュール>

13:30オープニング
13:35≪1部≫デュアルライフセミナー
株式会社パソナ東北創生
代表取締役社長 戸塚 絵梨子さん
林 光人さん
14:30ポータルサイト「デュアルライフ東北・新潟」ご紹介
14:35≪2部≫デュアラートークセッション
株式会社LINE People Partner室
小向 洋誌さん(宮城県仙台市と東京の二拠点)
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ / 一般社団法人邑サポート
伊藤 美希子さん(岩手県住田町と東京の二拠点)
15:25主催者挨拶
15:30クロージング

お申し込みはこちらから
URL  https://forms.gle/gDFrDvZMpNaTFUDm7

お問合せ先
下記までご連絡ください。下記時間内にご返信させていただきます。
お問合せ時間:平日10:00~18:00
運営事務局:㈱第一広告社
info@duallife-tohoku-niigata.jp
担当:伊藤・渡邊